甘い誘惑に乗らず借りるなら十分に検討を

メルマガの甘いカードローンの誘惑には気を付けて!

最近、パソコンやタブレットや携帯、スマートフォンでメールのやりとりをしている人は多くなりましたよね。メールは郵便などと違って、一通一通のやりとりであっても利用料金が定額料で安く抑えられる為、企業にとっても個人利用者にとってもありがたいサービスです。でも、この便利さにあやかってか、迷惑メールやメールマガジンを介して執拗な勧誘も問題になっています。メール機能には、もちろん受信拒否であったり、迷惑メールとして受信フォルダ分けすることも可能ですが、数が膨大になれば、その都度設定しなくてはなりません。完全な迷惑メールとわかるものであれば、自動的にフォルダ分けできるのですが、メルマガなどでは、その都度自身で設定する必要があります。

メルマガで特に執拗な勧誘メールを送ってくるのが金融関係のものです。カードローンの見直し、クレジットカードの契約に関することが多くを占め、次いで保険の見直し、車の査定等、生活関係のものとあります。毎日チェックするメールだけに、目にする機会も多く、金融関係のものは、ネットで簡単に申し込むことができ、審査後即日に借入れが可能という便利さが、現代人のニーズに合っている為、気軽に手を出してしまう人が多くなりました。

お金が必要となれば、その都度対面式で契約書に署名捺印をしていた昔と違って、現代ではお金を借りることへの後ろめたさが無くなってしまいました。現代人はお守り代わりにカードローン契約をし、必要な時に、お金を借りるというスタンスの為、企業側はより利用者を増やす為に、メルマガや広告等を駆使し必死にアピールをしています。結果、利用者はお金が必要でも無いのに、お守り代わりにいわば借金をする準備の為、契約に踏み切るのですから、なんだかおかしな話です。

カードローンとは借金のこと、ということをよく踏まえ、甘い勧誘には乗らず、契約する際には十分検討をして下さい。安易に契約し、借金をしてしまってはきっと後悔することにかりかねませんから。