カードローンの解約について

カードローン利用する予定がない場合解約した方がいいってホント?

最近ではカードローンは誰でも気軽に利用できる身近な存在になりました。きちんと借りてきちんと返す、このルールを守れる人は無理のない返済計画を立て完済しています。完済したあと、カードローンを解約しないままにしておくと突然お金が必要になったとき再び申込手続きをせずにコンビニなどで借入を行うことができます。これはメリットであり、デメリットではないでしょうか。

カードローンを解約しないままにしておくとついつい何度も繰り返し借入をしてしまいます。その結果、借入額が多くなってしまい多重債務に陥り、最悪の場合自己破産などをすることになってしまいます。一度膨れ上がった借金は毎月利息分ばかりを支払って、元金は全く減っていないということになりかねません。

そして、もう一つ気になる点があります。それはカードローンを解約しないままにしておくと実際に借入はしていなくても借入をしていると見なされるということです。たとえば車のローンや住宅ローンを組む際には審査があり、信用情報をチェックされます。

そのときに借入歴などがあると不利になります。もし今後カードローンを再度利用する予定がなければ解約してしまったほうがいいでしょう。また解約した事実が信用情報に反映するまでに時間がかかる可能性もありますので、次のローンの申し込みをするまで一週間ぐらいは余裕を持つようにしましょう。

カードローンを解約せずにいるとうっかりまた手を出してしまいそうな人は、一度契約して自分の経済状況をきちんと確認することが大切です。