利用停止にならない為にも「約束」を守る

今月まさかのカードローン利用停止!一体何が原因?

払い方法は一括払い、リボ払い(残高スライド式)などがあり、サービスは様々だが、一枚持っておくと安心のアイテムだ。でももし、冠婚葬祭であったり出張であったり、ケガや病気で入院等で急な出費の予定が入った時、カードローンの利用ができなくなってしまっていたらどうします?予想外の出来事に頭の中はパニックになってしまいますよね。では、こうならない為にも様々な状況に対応できるよう把握しておくのも大事なことです。

カードローンはいわゆるお金を借りること、借金です。銀行や企業などからお金を借りることで、借りる際には必ず契約書に署名捺印を押し、契約を結ぶことで初めてお金を借りることができます。目的や金額によって金利も企業によって様々ですが、お金を借りて利息を含めたお金を返すというところは、どの企業に対しても同じです。返済はリボ払い等毎月返済をする場合、決められた(利息を含めた)金額を毎月、決められた期日までに、決められた返済方法で返していれば何も問題はありません。一括の場合も借りた(利息を含めた)金額を決められた期日や約束の期日まで支払えば良いのです。

では、何故突然の利用停止となってしまうのか。まず考えられるのは返済期日を守らなかったということ。契約書にも書かれているように、必ず決められた期日にお金を返すという条件で利用者はお金を借りていますので、返済期日を守らないのは、その人の信用問題につながります。当たり前のことですが、「約束」を守ることが信用につながるのですから。ただいきなり利用停止になることはあまり例が無いですが、延滞を繰り返したり、電話連絡等が無かったりすれば、悪質な対応として取引きを中止され、残金を一括請求される可能性もあります。もう一つは、返済と借入れを繰り返したり、他の企業へ新規に借入れを申請した場合。この場合、利用者の経済能力を不信に思い、企業がトラブル回避の為、新規の借入れをストップさせてしまう場合もあります。

こんな事態にならない為にも、普段から計画的に返済できるよう、余裕を持った生活を心がけることが大事です。返済と貯蓄を合わせていくのが理想ですね。