契約書等を発行する側が印紙代を負担する

印紙代は誰が負担するの?カードローン契約書作成にかかる税金のこと

収入印紙って、なんの意味があるの?と疑問に思う方もいるようですが、印紙をよく目にするのは金融機関やコンビニ等で払込用紙を利用する際です。例として3万円以上の支払いがある時、お客様控えのスタンプを押す際に印紙を貼り、消印を押す時に見かけますよね。印紙をよく見てみると300円だとか金額が書いてあります。見たことがない人はあまりいないと思いますが、残っている領収書などがあれば一度確認してみてください。額面は手数料ですので1円~10万円まで色々ありますが、通常印紙代を負担するのは領収書を発行した側になります。印紙とは(収入印紙)印紙税法に基づき政府に支払わられる手数料(納税)のことを意味しています。これを張らずに消印のみ押してしまうと領収書を発行した側の脱税行為となります。印紙は領収書に限らず契約書などにも貼られることがあります。

カードローンを契約する際、契約書又は借用書というものを発行しますよね。お金の貸し借りは口頭でも有効になる場合がありますが、書類を作成しておけば後々のトラブル回避にも役に立ちますから作成するのが常識です。契約書を発行すれば当然税金がかかる為、課税文書として契約書や借用書に印紙を貼る必要があります。では、この場合印紙代を負担するのはどちらになるのでしょうか?

カードローンの契約の内訳をよく見ると印紙代が含まれていることがあります。利害関係が成立する場合、通常では契約書等を発行する側が印紙代を負担するとありますが、印紙税法では特にどちらが負担するのかは決められていません。金額としては、借りる金額にもよりますが、数百円程度です。負担するのは利用者になっていることが意外と多いので、借りる前には一度、借り入れ先に問い合わせてみましょう。返済はできるだけ小さく早く完済してしまいましょう。

借りたお金は決して借りた分だけを返せば良いのではありません。必ず借りた金額に対して利子をプラスして返さなくてはいけないので、長期にわたり返済すれば、返済総額はバカになりません。借りるのは少額、完済は早期に努めてもらいたいです。