借入れに対し返済金額の上限を知る機能

初めてのカードローンは借りる前にまずはシュミレーションしてみよう

新社会人となり、初めて仕事をし、初めて給料をもらった時、大人としての自覚が芽生えると、前から欲しかった物、例えば車だったり、ブランド品だったり、旅行だったり計画を立て始めるようになると思います。それほど高額でなければ良いのですが、車であったり、ブランド品ではそう簡単に手が届く買い物ではありません。もちろんコツコツお金を貯めて購入することが一番の理想です。社会人ともなれば一人で生計を立てている方も多いので、なかなか欲しい物を購入するまでの道のりは長くなります。

社会人としてのステータスと言えば、クレジットカードで買い物や食事などの支払いをすることが夢であったりします。お金や小銭を持たずスマートに支払いができるので、煩わしさがないところがメリットですが、限度額の枠がまだ入社したて収入が少ない時期であれば、それほど大きくないはずです。高額の商品を購入しようと思ってもすぐに限度額いっぱいになってしまうし、分割払いにすると金利を取られる分、損をします。そこでお勧めなのがカードローンです。カードローンは予め使用目的が決まっている旅行であったり、車の購入等であれば金利もクレジットカードの金利よりも安かったりします。回数も金額に応じてですが、1~36、48回等に分けて支払うことができるので、金利をプラスして総合的に支払う金額を考えてみたら、カードローンの方が安くすみます。

カードローンを申し込む際には、ネットでも店頭でもまずはシュミレーション機能というものを利用してみましょう。店頭であれば、お店のスタッフが月々返済のプランニングを出してくれます。ネットであれば、トップページやログイン後のマイページなどで、返済シュミレーション等のアイコンがあるので、活用してみましょう。自分の収入にあった借入れと、毎月にかかる返済金額の上限を知ることで、ゆとりをもった返済プランで返していけます。収入の増額があったり、ボーナス時期など返済途中でもシュミレーション機能は利用できます。毎月の金額に上乗せをして返済することで、金利の分を少しでも減らしていくことは可能なので、是非積極的に利用してみることをお勧めします。

一言で金利(年利)何パーセントと言ってもピンとこない方もいるので、この返済シュミレーションシステムの活用は非常に便利です。上手く利用して、余裕のある時は上乗せで返済していけば、完済もすぐそこです。