カードローンに保証人は必要か

カードローンのここが不安 保証人って必ず必要なの?

カードローン初心者が不安に感じていることの一つがカードローンを申し込む際に保証人が必要かどうかということです。ローン会社から融資を受けることはなかなか公表しずらいことで身内や友人に保証人になってほしいと頼むのは容易なことではありません。安心してください。カードローンを利用するさいにほとんどの場合は保証人は必要となりません。

ローン会社には銀行系、信販系、消費者金融系の三つがありますが、審査が通りやすく、すぐに現金を手にすることができるノンバンク系を利用するのが一般的です。消費者金融と聞くと高金利や厳しい取り立てなどダークなイメージがありましたが、法律の改正以降は無理な貸し付けは禁止され誰でも気軽に利用できるようになりました。

また最近ではインターネットを利用したweb契約が主流で自宅にいながらお金を借りることができるのでとても手軽に借入ができるようになりました。審査には年収の申告が必要ですが、個人が利用する小口のローンでしたら収入証明の提出を求められない場合も多いのです。もちろん保証人が必要ということもありません。

しかし、場合によっては保証人が必要になるケースがあります。それは学生や未成年が借入を行うときです。学生や未成年はアルバイトなどをしていても返済能力が低く未回収を防ぐために保証人が必要になります。

また同時に後のトラブルを防ぐために親の承諾も必要になります。その他にも大口のローンとなると保証人が必要になりますので注意しましょう。ノンバンク系は保証人が不要ですがその分金利が高く設定されています。反対に銀行系は審査が厳しく、保証人も必要となりますが金利が低いのが魅力です。

借入を行う際には金利や保証人、返済方法などを確認し、自分に合った借入先を選ぶことで無理のない返済計画をたてることができるはずです。