限度額変更のメリットは金利が安くなること

借入れ限度額の変更を考えているあなたへ読んでほしいこと

カードローンの限度額ってご存知ですか?目的ローンではそれに応じて必要な金額を借りるので、ここでは使途が決められていないカードローン(フリーローンなど)について読んでいただければと思います。限度額の設定は、契約時にあらかじめ利用者と借り入れ先である金融機関や貸金業者との間で設定されています。契約はしたけどあまり細かいことまでは覚えていないという方もいらっしゃるかもしれませんので、一度契約書の確認や、今はネットでもマイページ登録し、ログイン後の画面からも確認することができますので一度確認してみて下さい。限度額を知っておいて損なことは無いですから。

限度額は初めてお金を借りた人、収入の少ない人や安定していない人ではかなり低く設定されていることが多いと思います。それはまだ返済能力のデーターが無い為、貸したはいいけれど、返済が滞ってしまうでは、貸した方も迷惑極まりない話だからです。ある一定の期間、毎月の返済が一度も滞りなく返済されていて他社で新規の借り入れなど無ければ、限度額の変更も可能な話です。特に限度額はそのままでいいという場合を除いて、もし自分の持っているカードローンの限度額が低いと思うのであれば一度増額申請してみても良いかと思います。

限度額の変更によるメリットは『金利が安くなる』ということです。ただそれに伴い、毎月の返済金額はアップしますので、くれぐれも勘違いの無いようにお願いします。カードローンには限度額の設定枠というのがあるのですが、~50万円まで、~100、200万までといった枠のことです。限度額が高ければ金利は安くなり、低ければ(その金融機関の金利の中で)一番金利が高いということです。借り入れの期間はほぼ一定なので多額のお金を借りれてくれれば金利は安くするよということです。なので、限度額いっぱいまでは借りず、限度額は高く設定しておけば、金利は安くなるので、総合的に考えれば有利になります。

ただ決して間違ってはいけないのは、限度額の引き上げによって、お金を借りすぎてしまわないこと。毎月の返済額が変わるのであれば返済プランを立て直すこと。借り入れが残っているのならば、できるだけ早く返済してしまうことを念頭において正しく利用できれば良いと思います。