カードローンに担保は必要か

カードローン、有担保と無担保ローン何が違うの?どっちがお得?

カードローンはインターネットによる借入が主流となり、コンビニのATMが利用できるようになったため、今までカードローンと縁のなかった人々も気軽に借入ができるようになりました。以前は消費者金融などからの借入は危険というイメージが定着していて、お金に困ってもなかなか手を出せなかった人も法律が改正され無理な貸し付けができなくなってからは安心して利用できるようになりました。

カードローンというとおもに個人向けの小口の融資のことで収入証明などの書類や保証人や担保が必要のないものが大半を占めます。複雑な手続きはありませんし、気軽に借りれて利用しやすいというメリットはあるのですが、審査に通りやすい分、実は金利が高く設定されているのです。これはローン会社側が未回収を防ぐためのやむを得ない処置ですが、やはりできれば金利は低い方がいいですよね。

ローン会社には銀行系、信販系、消費者金融系とありますが、銀行系は資金力があるため金利が低いのが魅力です。ただし、審査が厳しくお金を手にするまでに時間がかかります。銀行系のローンの中には不動産などの担保を必要とする商品が多くあります。担保なんてなんだか複雑でいやだと思うかもしれませんが、有担保ローンは金利が低く実は担保となるものをお持ちでしたらおすすめなのです。

ローン会社は有担保ローンと無担保ローンを売り出していますが、二つを比べてみると金利や限度額が有担保ローンの方が有利に設定されています。ある程度まとまったお金が必要な場合は有担保ローンがおすすめです。ただし、こちらは事業などの運転資金には利用できませんので注意してください。きちんと無理なく返済できる見込みがあるのなら金利を低く抑えた有担保ローンを利用しない手はありませんよ。